和歌山県(夏秋きゅうり)

播種期 定植期 収穫期 出荷最盛期
調査日 調査時点の
生育ステージ
調査産地 作付面積
[平年比]
作況
[平年比]
生育進度
[平年比]
出荷進度
[平年比]
圃場写真
(クリックで拡大)
NEW
生育期
紀ノ川中央 前年並み 平年並み
7

13
[天候]
・6月中・下旬は、梅雨前線や低気圧の影響により、曇りや雨の日が多
 かった。
・7月4日から強風を伴う雨となり、特に5日から8日かけては西日本に
 停滞した梅雨前線の活動が活発となり、県北部を中心に大雨となっ
 た。中でも6日未明から明け方は、非常に激しい雨が降った。
・9日には、梅雨明けとなり、その後太平洋高気圧に覆われ、厳しい暑
 さが続いている。
[生育状況]
・6月14日の定植は順調だが、6月20日の定植は大雨により定植日が後
 日にずれ込み、定植後に大雨と強風にもまれ苗に負担がかかったこ
 とと、7月4日からの雨により手入れが中断されたことにより、生育が
 不良である。
[病害虫発生状況]
・一部でベト病が発生したが、現在は治まっている。
[今後の生育・出荷の見込み]
・7月15日から共選荷受け開始となる。
・天気が良いので、順調な出荷が見込まれる。
[写真の補足説明]
 品種:Vアーチ
《1〜3枚目:園地》
・7月4日〜7月8日にかけての大雨による被害は免れたが、その間、従
 来の作業が行えていない。
・仕立て方は、3本仕立てが主流となっており、7月13日時点で主枝は
 145僂曚匹旅發気泙膿びている。
《4枚目》
・一部で整理障害が見られる。
調査日 調査時点の
生育ステージ
調査産地 作付面積
[平年比]
作況
[平年比]
生育進度
[平年比]
出荷進度
[平年比]
圃場写真
(クリックで拡大)
 
生育期
紀ノ川中央 前年並み 平年並み
6

26
[天候]
・6月中旬は、梅雨前線や低気圧の影響により、曇りや雨の日が多かっ
 た。
・特に6月20日は、大雨となり雷を伴った。
・下旬の天候は、数日の周期で変化し26日から27日にかけて強い風が
 吹いた。
・中旬の平均気温は、平年より低く、その後は一時低くなるも高めの日
 が多い。
[生育状況]
・平年並みに推移している。
[病害虫発生状況]
・適切な防除を行っているので問題なし。
[今後の生育・出荷の見込み]
・7月15日頃から出荷開始となる予定である。
[写真の補足説明]
 品 種:Vアーチ
・播種日:1・2枚目は6月22日、3・4枚目は6月14日。
・調査園地の苗と苗の間隔は180cmだが、高齢化の影響により200cm
 間隔の園地も増えてきている。
・6月14日定植の園地では、台木の双葉を取り除く作業と誘引作業が行
 われている。
・現在、病害虫の発生は見られない。