大阪府(夏秋なす)

播種期 定植期 収穫期 出荷最盛期
調査日 調査時点の
生育ステージ
調査産地 作付面積
[前年比]
作況
[平年比]
生育進度
[平年比]
出荷進度
[平年比]
圃場写真
(クリックで拡大)
NEW
生育期
泉南 前年並み 平年並み 平年並み 平年並み
5

16
[天候]

・天候は、4月に夏日を記録した日や急激な気温低下が見られた。
・5月に入っても不安定な日があり露地栽培では寒さによる障害もみられた。

・その後、連休明け以降は、天候も安定し、生育も回復している。

[病害等]

・病害虫の発生はなし。

[規格・品質等]
・台風18号の影響により、強風雨でスレ傷果が増加した。
・規格外品の割合が全体の5割を占めている。
[出荷状況]

・A品、B品の割合は6割程度であり、日量1500〜2000ケース出荷している。

[今後の生育・出荷の見込み]
・昨年以上の出荷量を期待しているところである。
[写真の補足説明]

・1枚目〜3枚目:ハウス栽培

 2月15日定植の夏秋なす。調査時(5/16)の草丈はおよそ75cm。病害虫の発生は見られず、順調に生育している。

 調査圃場(400本定植)では、日量200個出荷している。

 週一度のハウス全体の殺菌作業は欠かせない。

 

・4枚目〜6枚目:露地栽培

 5月1日定植の夏秋なす。調査時(5/16)の草丈はおよそ35cm。

 定植後、急激に気温が下がった為、若干影響を受けたが、天候の安定とともに生育も回復を見せている。