北海道(夏秋キャベツ)

生産ステージ

定植期 4月中旬〜7月下旬

収穫期 7月中旬〜11月中旬

出荷最盛期 7月中旬〜10月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第2回目(調査日:7月17日) New

調査時点の生育ステージ

定植期

生育期

収穫期

調査産地 南幌町
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 早い
天候状況

7月前半は、平年より気温が高めで日照時間が多く、降水量は少なかった。

生育状況

生育は順調で、積算気温が増加したことで、平年より5~7日程度生育が早い。

病害虫発生状況

特に無し。

規格・品質

出荷開始から計画の3~4倍程度の出荷量となっている。

玉肥大が良好だったことから、規格は大きめで6~7玉中心。

8玉以上の規格は、ほとんど発生しない。

今後の生育・出荷の見込み

生育等、すこぶる順調だが、小麦の収穫が7月20日から始まるため、小麦収穫作業のために出荷を減らす予定。

写真の補足説明

《1~4枚目》

  • 品種はSK545(4作型)
  • 玉肥大は良好で、7月20日から出荷予定

《5~8枚目》

  • 品種はSK545(5作型)
  • 玉肥大良好で、現在出荷中
  • 規格は5玉サイズ中心(定期的なかん水の効果によるもので、品質は非常に良い)

    [画像をクリックで拡大]

    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)

    第1回目(調査日:6月26日)

    調査時点の生育ステージ

    定植期

    生育期

    調査産地 岩見沢市
    作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並みを見込む
    生育進度[平年比] 遅い 出荷進度[平年比]
    天候状況

    6月前半は気温が平年より高く、降水量も少なかったために干ばつとなり、後半は曇天が続いて気温も低く推移し、日照時間も平年を大きく下回った。

    調査日の後に降雨があったものの、干ばつの解消には至っていない。

    生育状況

    定植後、干ばつで生育が4日程度遅れているが、降雨次第で回復が見込める。

    当地では、定植時期により作型を8分割して長期出荷体制を構築している。

    病害虫発生状況

    特に無し。

    今後の生育・出荷の見込み

    長期気象予報では、7月以降も気温が平年並み~高めで推移するため、順調な生育が見込まれる。

    しかし、天気が周期的に変わり、集中豪雨等の過湿による病害等の発生が危惧される。

    写真の補足説明

    《1~4枚目》

    • 4月20日定植の第2作型圃場
    • 品種はSK545
    • 出荷開始は、7月中旬を予定(5日程度遅れる見込み)
    • 低温干ばつにより、平年より玉肥大が遅れている

    《5、6枚目》

    • 第1作型圃場(当該圃場は全作型を作付)
    • 品種はSK545(手前)、H691(奥)
    • 出荷開始は、7月初めを見込む

    《7、8枚目》

    • 第2作型圃場(当該圃場は全作型を作付)
    • 品種はSK545(手前)、H691(奥)
    • 低温干ばつにより、玉肥大は若干遅れ気味

      [画像をクリックで拡大]

      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)
      北海道(夏秋キャベツ)

      ページの先頭へ