宮城県(夏秋きゅうり)

生産ステージ

播種期 4月中旬〜5月中旬

定植期 5月中旬〜6月中旬

収穫期 7月上旬〜10月下旬

出荷最盛期 7月中旬〜8月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第2回目(調査日:7月9日) New

調査時点の生育ステージ

生育期

収穫期

調査産地 みやぎ仙南(角田)
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 早い
天候状況

入梅以降、曇雨天日が継続しているため、日照不足となっている。

生育状況

日照不足傾向となっているものの、初期生育がしっかりしていたため、生育は平年並みで推移。

病害虫発生状況

日照不足等により樹勢が落ちている圃場では、炭疽病の発生がみられるため、予防治療剤による防除を行っている。

規格・品質

日照不足条件になっているものの、樹の管理がしっかり行われていることから、規格及び品質は、曲がりなく、色照りよく良好。

今後の生育・出荷の見込み

梅雨明けの更なる遅れ等、今後も日照不足が続いた場合、樹勢が弱まることから、曲がり果や奇形果が増加する恐れがある。

梅雨明け等、天候回復次第では、8月上旬に出荷最盛期を迎える見込み。

梅雨明け後は気温も上がり、きゅうりが一層おいしくなる季節となる。高品質でシャリ感がよい宮城産のきゅうりを是非ご賞味いただきたい。

写真の補足説明

《1~6枚目》

  • 6月2日定植の圃場
  • 品種は夏もよう
  • 調査当日も曇天となったが、葉かきにより採光を確保してあることから、実にしっかりと光が届いているため、肥大中の実は筋良く伸び、照りと色付きは良好。

    [画像をクリックで拡大]

    宮城県(夏秋きゅうり)
    宮城県(夏秋きゅうり)
    宮城県(夏秋きゅうり)
    宮城県(夏秋きゅうり)
    宮城県(夏秋きゅうり)
    宮城県(夏秋きゅうり)

    第1回目(調査日:6月12日)

    調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 みやぎ仙南(角田)
    作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並みの見込み
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並みの見込み
    天候状況

    5月は、月を通して気温が高く、日照量も多めに推移したが、中旬にまとまった降雨あり、6月に入ってからも、気温が高く、日照量も多めに推移している。

    なお、6月11日に入梅した。

    生育状況

    天候に恵まれ、定植作業及びその後の初期生育は順調に進んでいる。

    病害虫発生状況

    特に無し。

    今後の生育・出荷の見込み

    今後、適度な降雨に恵まれ、著しい高温にならなければ、平年並みの生育が見込める。

    写真の補足説明

    《1~6枚目》

    • 6月3日定植の圃場
    • 品種:夏もよう
    • 葉色は良く、草丈は20cm程度で、節間も適正な間隔となっている。

      [画像をクリックで拡大]

      宮城県(夏秋きゅうり)
      宮城県(夏秋きゅうり)
      宮城県(夏秋きゅうり)
      宮城県(夏秋きゅうり)
      宮城県(夏秋きゅうり)
      宮城県(夏秋きゅうり)

      ページの先頭へ