秋田県(夏秋きゅうり)

生産ステージ

播種期 4月下旬〜5月中旬

定植期 5月下旬〜6月上旬

収穫期 6月下旬〜10月下旬

出荷最盛期 7月中旬〜9月上旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第3回目(調査日:7月31日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 JAかづの
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや不良
生育進度[平年比] 遅い 出荷進度[平年比] 遅い
天候状況

6月中旬以降、寒暖差が大きく、平年よりも降水量が多くなった。

7月に入ると、2~3日おきに気温が上下するなど寒暖差の大きな状況となった中、中旬は大雨となり、梅雨寒の日が多くみられた。

降水量は平年よりやや多く、寡日照となった。

生育状況

6月下旬以降、寡日照で推移したことから、生育が緩慢になっている。

側枝の出が悪く、花芽も少ない状況で、雨天による過湿のために根腐れを起こしている圃場も見受けられる。

7月中旬以降は夜温が低く、果実の肥大が緩慢になり、樹の生育も鈍い状況が続いた。

7月末には気温が上昇してきたものの、根の弱りからか樹勢が弱まっているものが見受けられる。

樹勢が弱いため、果実自体が細め尻太が多く、さながら生育後半期のような状況となっている。

病害虫発生状況

7月11~12日の大雨による過湿から、根腐れ病の発生が顕著となった(圃場の1割近くが罹病か)。

過湿のために炭そ病、褐斑病も一部見受けられるとともに、つる枯れ病も散見される。露地ネット作型圃場のため、曇天日を狙って予防治療剤散布等を行っても、その後、雨で流される状況が続いた。

曇雨天が継続しているためにダニの発生は少ないが、気温の上昇とともに、アブラムシ、鱗翅目害虫の発生は平年並みになっている。樹勢が弱いことから、食害による影響が大きくなるので、予防的防除を徹底しているところ。

現在、県及びJAでは、樹勢回復のため、摘花摘果による樹への負担軽減、葉面散布による追肥指導を徹底しているところ。

規格・品質

6月は計画をやや下回る出荷量、7月に入り、気温が上昇したことで出荷量も伸びてきたが、7月11~12日の大雨と曇天のため、樹勢が弱まり出荷量が伸び悩んでいる。

平年であれば7月下旬に第1回目の出荷最盛期が来るところだが、本年は、日量12~13トン程度と少なめで推移。

根が弱く樹勢が弱まっていることから、細めの果実が多く、5kg中心の出荷(比率は7割)。

今後の生育・出荷の見込み

本年産は非常に厳しい状況だが、今後の天候回復と樹勢の健全化により、少しでも出荷量を回復させたい。

本年は、全国的にきゅうりの出回り量が少なくなっていることから、産地一丸となって、高品質な秋田県産きゅうりを少しでも多く消費地にお届けしたい。

写真の補足説明

《1枚目》

  • 根張りが弱い樹体
  • 葉が小さく、全体的に勢いがない

《2枚目》

  • 根痛みの状態の葉

《3枚目》

  • 管理が徹底された圃場の果実
  • 果形は良好

《4枚目》

  • 樹勢が保たれている圃場
  • 少しでも多くの秋田県産きゅうりをお届けしたい

    [画像をクリックで拡大]

    秋田県(夏秋きゅうり)
    秋田県(夏秋きゅうり)
    秋田県(夏秋きゅうり)
    秋田県(夏秋きゅうり)

    第2回目(調査日:6月26日)

    調査時点の生育ステージ

    定植、生育期

    収穫開始期

    調査産地 JAかづの
    作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
    天候状況

    5月下旬以降は、晴天の日が多く、気温は高めで推移し、降水量も少ない状況が続いた。

    気温が高めに推移した中、6月14日に入梅した。

    生育状況

    天候に恵まれたことから、生育は順調に推移したものの、一部で、樹の生育が順調すぎて根張りが追い付かないものが見受けられた。

    樹は、23~24葉展開(樹体長160~170cm)程度で、葉色、葉形、大きさとも理想の状況。

    病害虫発生状況

    入梅後、降水量が増えたことにより、14~15葉の位置に斑点細菌病が散見されたため、早期防除に努めている。

    害虫は、高温によりアブラムシ及びアオムシが確認されたため、早期防除により一掃した。

    規格・品質

    初出荷は6月22日で、初なりの状況のため、肩張り及び尻細果が主体となっているため、規格が揃わずに10kgダンボールでの出荷となっている。

    今後の生育・出荷の見込み

    空梅雨傾向の中、調査当日(6月26日)は降雨があり、水分は確保されたものの、低温となったため、7月以降の気温上昇に期待したい。

    写真の補足説明

    《1、2枚目》

    • 現在、本葉23~24枚展開
    • 樹体長は160~170cm程度

    《3枚目》

    • 畝ごとに黒マルチを展開
    • 通路上に敷き藁の代わりに雑草をある程度繁茂させ、泥はね防止効果を確保

    《4枚目》

    • 初なり果のため、肩張り、尻細傾向
    • 今後は、出荷ピークに向けて果形が落ち着き、秀品率が向上する

      [画像をクリックで拡大]

      秋田県(夏秋きゅうり)
      秋田県(夏秋きゅうり)
      秋田県(夏秋きゅうり)
      秋田県(夏秋きゅうり)

      第1回目(調査日:5月28日)

      調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 JAかづの
      作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや不良
      生育進度[平年比] 遅い 出荷進度[平年比] 遅い見込み
      天候状況

      5月に、入り気温は平年よりもやや高く推移したが、5月20日は最低気温が6℃、最高気温が8℃と極端な低温となった。

      降水量は平年並み、日照量は少ない状況となっている。

      生育状況

      播種日は4月24日及び25日、定植日は5月23日及び24日。

      播種及び育苗期は、低温低日照であったものの、健苗を確保することができ、播種後1か月で定植作業となった。

      病害虫発生状況

      特に無し。

      規格・品質

      施設ものの出荷が一部で行われているが、果形がやや太め。

      今後の生育・出荷の見込み

      定植後は気温も上がり、日照量も多いことから、生育は概ね順調に推移。

      今後も気温が22℃を超える日が続くことから、順調に生育する見込み。

      当該産地の生産者数は152人(前年産と変わらないが、4人離作し、4人が新規就農(20代1人、60代3人))。

      当該産地の1人当たり平均作付面積は約7aで、10aを超える者は少ない。

      品種構成は、10年以上採用されている豊美1号が全体の80%以上、次いでVシャイン、カネコ121がそれぞれ5%程度。

      写真の補足説明

      《1枚目》

      • 定点観察圃場(10a)

      《2枚目》

      • 定植後4~5日程度の苗(本葉5枚、草丈27cm)

      《3枚目》

      • 株間は90cm

      《4枚目》

      • 側面の白い布は、強風による茎折れ防止のためのネット

        [画像をクリックで拡大]

        秋田県(夏秋きゅうり)
        秋田県(夏秋きゅうり)
        秋田県(夏秋きゅうり)
        秋田県(夏秋きゅうり)

        ページの先頭へ