福島県(夏秋きゅうり)

生産ステージ

播種期 4月上旬〜5月上旬

定植期 5月中旬〜6月中旬

収穫期 6月中旬〜10月上旬

出荷最盛期 7月上旬〜9月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第3回目(調査日:7月17日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 福島北部
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや不良
生育進度[平年比] 遅い 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

梅雨後半に入り、曇雨天日が続いていることから、過湿、寡日照となっている。

生育状況

寡日照のため、生育が5日程度遅れている。

病害虫発生状況

現在は樹勢を維持していることから目立った病害等はみられないが、梅雨明けが遅くなっていることから、過湿、寡日照が続くことによる樹勢の弱まりで、うどんこ病、べと病等の病害発生が危惧される。

このため、予防剤等散布による病害防止に努めている。

規格・品質

出荷量は平年並み、規格、品質ともに良好。

今後の生育・出荷の見込み

今後、梅雨明けにより晴天日が増えれば、緩慢な生育は加速する見込み。

歯ごたえの良い高品質な福島県産きゅうりをより多く出荷できるよう、産地一丸となって頑張ってまいりたい。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • ハウス内の様子
  • 過湿、寡日照の中、樹勢は適正に保たれている
  • 3節目までの下葉もきれいに摘葉してあり、風通しよく、株元への採光も良好

《3枚目》

  • AM級で色、照りともに良好

《4枚目》

  • 葉は15~20cmの大きさで展開

[画像をクリックで拡大]

福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)

第2回目(調査日:6月22日)

調査時点の生育ステージ 収穫開始期 調査産地 福島北部
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

入梅したものの、降水量が少なく、気温が高い日が続いている。

生育状況

生育は順調で、生育進度は平年並み。

葉の大きさは、15~20cm程度。

病害虫発生状況

特に無し。

ただし、今後の天候によっては注意が必要。

規格・品質

平年並みの出荷開始となり、出荷量も平年並み。

果形、照り、品質ともに良好。

今後の生育・出荷の見込み

平年並みの出荷進度となる見込み。

写真の補足説明

《1枚目》

  • ハウス内の状況
  • かん水チューブを設置

《2枚目》

  • 摘葉により下葉もよく整理されており、上節の生育を促進し、樹元に光がよく届くようにいている

《3枚目》

  • 長さ14~15cmの果実
  • 果形、照りともに良好

《4枚目》

  • 葉の直径は15~20cm           
  • 葉色良く、病虫害等も見られない

[画像をクリックで拡大]

福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)
福島県(夏秋きゅうり)

第1回目(調査日:5月21日)

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 福島北部
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
天候状況

低温傾向になっているが、ハウス内は一定温度を保っている。

生育状況

根の生育が順調で、樹勢が旺盛なのか、1~3節目の脇芽が例年より多く感じる。

病害虫発生状況

特に無いが、今後はアブラムシの発生に注意必要。

今後の生育・出荷の見込み

樹の上部の生育を促すため、1~3節目の芽かき(不要な脇芽を除去)を行い、11節目くらいから実を肥大させていく。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • 圃場の様子

《3枚目》

  • 芽かきですっきりした1~2節目

《4枚目》

  • 現在肥大している実の長さは5~6cm程度

    [画像をクリックで拡大]

    福島県(夏秋きゅうり)
    福島県(夏秋きゅうり)
    福島県(夏秋きゅうり)
    福島県(夏秋きゅうり)

    ページの先頭へ