福井県(秋冬さといも)

生産ステージ

定植期 4月下旬〜5月上旬

収穫期 10月中旬〜翌1月中旬

出荷最盛期 11月中旬〜12月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第6回目(調査日:11月14日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 大野市上庄
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 早い
天候状況

10月中旬からは最高気温が20℃を下回るようになり、24日には曇天のため13℃台まで低下した。

最低気温は15日以降10℃を下回る日が多くなり、31日には1℃台まで低下した。

降水量は23日にある程度まとまった雨があったものの、月を通して天候に恵まれていたことから、平年を下回った。

11月は、最高気温が10℃前後の日が多く、最低気温も5℃前後と晩秋らしくなっている。

降水量は、上旬が降雨が多かったことから平年を上回った。中旬に入り、天候に恵まれていることから、降雨日は無い。

生育状況

若干生育が早まっていたことから、収穫及び出荷が進んでいる。

収穫が進んでいることから、12月分の出荷が減少することも考えられる。

病害虫発生状況

ごく一部の圃場で疫病が発生しているが、収穫及び出荷数量に影響は無い。

規格・品質

全体としてはL及び2Lが多いものの、この1週間はSの出荷が多い。

今後の生育・出荷の見込み

生育が進んだことで、芋茎の残った圃場はあまり無い。

写真の補足説明

《1~3枚目》

  • 収穫の様子(本圃場は収穫がほぼ終了)
  • 手持ちのいもは、左が2L、右がL
  • 本生産者は昨年より収量は良いとのことだが、圃場によって差があり、近隣2~3割の生産者は前年並みの収穫となる者もいる

《4枚目》

  • 11月下旬収穫予定の圃場

《5~8枚目》

  • 選果場の様子
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、選果作業者は全員マスクを着用
  • 調査当日の秀品率は7割程度、全体の4割がSと小玉傾向
  • 調査当日は、見学の受入を行っていた

《9、10枚目》

  • 直売の様子
  • 当産地では、国道沿いなどで直売も行っている

    [画像をクリックで拡大]

    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)

    第5回目(調査日:10月14日)

    調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 大野市上庄
    作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
    天候状況

    10月に入り、上旬は晴天日が若干多くなり、降雨も適度にあった。気温は、中旬に向かって最低気温が10℃前半になってきた。

    中旬は日照時間がやや増加したことで、気温もやや上昇した。

    生育状況

    平年通りの生育で、概ね順調。

    芋茎は殆ど倒れており、収穫が始まった。

    病害虫発生状況

    ごく一部の圃場で疫病が発生したが、収穫への影響は殆ど無い模様。

    規格・品質

    品質は良好で、規格はL~2Lが多い。

    今後の生育・出荷の見込み

    本年は疫病対策として、種芋の段階から消毒を徹底している。

    写真の補足説明

    《1~4枚目》

    • 収穫中の圃場
    • トラクターで掘り起こし、市場出荷向けを手作業で分別
    • 調査当日は、新聞取材も行われていた
    • 種芋として残す芋は、エアー噴射機で土を除去する
    • 種芋になる芋は、自宅に持ち帰り、農舎洞穴内でもみ殻を入れた後に埋めて保管

    《5、6枚目》

    • 収穫が始まった圃場
    • この圃場で掘り取った芋は、10月18日にJA集荷所に出荷予定
    • 収穫した芋は、トラクターのキャリーに積んで自宅作業場まで運搬

    《7、8枚目》

    • 収穫期を迎えても生育しない小芋茎も若干散見される
    • 小芋茎の芋は実にならない

    《9、10枚目》         

    • 他より定植時期が遅い圃場
    • 収穫中の圃場と比べ、芋茎の倒伏が少なく、まだ葉茎も青い
    • 収穫開始は10月末から11月初めの見込み

    [画像をクリックで拡大]

    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)

    第4回目(調査日:9月27日)

    調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 大野市上庄
    作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
    天候状況

    9月は、周期的に天気が変わり、中旬及び下旬にまとまった降雨があった。

    当地では、4日に震度5弱の地震があったが、特に被害等は無かった。

    生育状況

    7日に台風の影響で強風が吹いたものの特に影響はなく、生育は順調。

    病害虫発生状況

    台風の影響により、若干疫病が広がった圃場があるとのことだが、多くの圃場では、作付前の土壌消毒や予防剤散布によりほぼ影響はない。

    今後の生育・出荷の見込み

    現在収穫2週間前であり、芋茎は2~3本を残して折れてきている。

    残った芋茎の丈は80cm程度、遅い圃場では150cm程度と高め。

    台風により、ごく一部の圃場では芋が小さいところもあるが、産地全体としては平年並みの大きさで収穫できる見込み。

    写真の補足説明

    《1~4枚目》

    • 収穫適期を見定めるための圃場巡回
    • この遅植え圃場では、芋茎の丈が150cm程度
    • 芋茎は2~3本だけ残り、他の芋茎は殆ど倒れている
    • 当該圃場では疫病の影響はない
    • 雑草もなく、圃場管理は良好

    《5~8枚目》

    • 芋茎はやや低め
    • 収穫が待ち遠しい

    [画像をクリックで拡大]

    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)
    福井県(秋冬さといも)

    第3回目(調査日:8月22日)

    調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 大野市上庄
    作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
    天候状況

    7月は梅雨が長引いたことで曇雨天が続いたが、梅雨明け後の8月は天候が回復し、猛暑日が続いている。

    生育状況

    生育は順調に後半に入った(現在収穫2か月前)。

    病害虫発生状況

    前年産の疫病発生を受け、本年産は全戸の種いもを消毒したものの、ごく一部の圃場で疫病が発生したところがみられた

    今後の生育・出荷の見込み

    収穫まで残り2か月となっていることから、このまま順調に生育してほしいところ。

    写真の補足説明

    《1、2枚目》

    • 茎の高さは130cm程度
    • 茎折れも概ね平年並みで、収穫も近づいてきた

    《3、4枚目》

    • 茎折れしていない圃場では、茎を切除している
    • 7月の長雨と8月の高温で、生育が良すぎる圃場も見受けられる

    《5、6枚目》

    • 全戸の種いも消毒を実施したにも拘らず、ごく一部で疫病が発生

    《7、8枚目》

    • 梅雨明け後の高温乾燥対策として、通水管を設置
    • かん水の徹底により圃場の土壌水分は順調

      [画像をクリックで拡大]

      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)

      第2回目(調査日:6月6日)

      調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 大野市上庄
      作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
      生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
      天候状況

      例年よりも雨天日が少ない。

      生育状況

      前年産の疫病発生を受け、今年産は、消毒済み種いもを定植。

      比較的順調に生育も、晴天日が続いているため、通水を頻繁に行っている。

      今後の生育・出荷の見込み

      概ね平年並みの生育を見込んでいる。

      写真の補足説明

      《1枚目》

      • 圃場全景

      《2枚目》

      • 芋茎の丈は15cm程度

      《3、4枚目》

      • 収穫時の芋の大きさを確保するため、芋頭を増やさないように小さな芋茎を取り除いている(いわゆる間引き)

      《5、6枚目》

      • 埋もれた苗を掘り起こす           
      • 機械定植の場合、苗が土から出てこれないことがある

      《7、8枚目》

       雨天日が少ないため、畝間かん水(通水)を行っている

      [画像をクリックで拡大]

      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)
      福井県(秋冬さといも)

      第1回目(調査日:4月26日)

      調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 ○○○
      作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
      生育進度[平年比] 前年並み 出荷進度[平年比]
      天候状況

      定植期は、温暖な日が続いた。

      生育状況

      晴天日が続いたため、定植時期が若干早まった。

      病害虫発生状況

      特になし。

      今後の生育・出荷の見込み

      前年産は、疫病により出荷量が減少した。

      本年産は、本来の出荷量が出せるよう期待したい。

      写真の補足説明

      《1枚目》

      • 定植2日目の圃場。

      《2枚目》

      • 畝間にかん水している。

      《3、4枚目》

      • この圃場ではまだかん水していない。

        [画像をクリックで拡大]

        福井県(秋冬さといも)
        福井県(秋冬さといも)
        福井県(秋冬さといも)
        福井県(秋冬さといも)

        ページの先頭へ