奈良県(夏秋なす)

生産ステージ

播種期(接木) 2月下旬〜3月上旬

定植期 4月下旬〜5月上旬

収穫期 6月中旬〜10月下旬

出荷最盛期 7月上旬〜8月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第3回目(調査日:7月10日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 当麻
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

入梅後、周期的にまとまった雨となったが、6月上旬及び下旬は晴天日も多かった。

6月中旬、6月末及び7月上旬は、大雨の日があった。

生育状況

6月末からの長雨により、樹勢はやや低下気味。

病害虫発生状況

気温の上昇により、テントウムシダマシやカメムシの発生が若干みられるため、初期防除を徹底している。

また、これまでの長雨による樹勢の弱まりからうどんこ病が、多湿条件から褐色腐敗病が若干発生したが、予防治療剤の適正散布や追肥等による樹勢回復に向けた栽培管理により、生育に影響のない程度に抑えている。

規格・品質

やや樹勢が弱いことから、前年産よりやや出荷量が少なくなっているが、規格・品質は特に問題なし。

今後の生育・出荷の見込み

梅雨明け後は、日照と気温がしっかり確保できることから、出荷最盛期を迎える見込み。

今夏も梅雨明けで暑い日が続いているが、様々な料理との相性が良く、食欲の落ちる夏場でもさっぱりと食べられる高品質な奈良県産なすを是非ご賞味いただきたい。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • テントウムシダマシやカメムシが若干発生したが、初期防除を徹底して密度を抑えている

《3、4枚目》

  • 多湿条件と樹勢の弱まりにより、褐色腐敗病やうどんこ病が散見されたが、防除や追肥による栽培管理の徹底で密度を抑えている

    [画像をクリックで拡大]

    奈良県(夏秋なす)
    奈良県(夏秋なす)
    奈良県(夏秋なす)
    奈良県(夏秋なす)

    第2回目(調査日:6月20日)

    調査時点の生育ステージ 出荷期 調査産地 当麻
    作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
    生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 平年並み
    天候状況

    6月上旬は晴天が続いたが、中旬以降は周期的に天気が変わり、18日、19日は大雨となった。

    気温は高めに推移したが、大雨となった18日、19日は、最高気温が20度に届かなかった。

    生育状況

    気温が高く推移していたことから、平年よりも7日程度生育が早い。

    病害虫発生状況

    特に無し。

    規格・品質

    規格、品質ともに良好。

    今後の生育・出荷の見込み

    現在の状況で進めば、7月下旬~8月上旬に出荷ピークとなる見込み。

    写真の補足説明

    《1~4枚目》

    • 圃場の様子
    • 葉色良く、樹勢も適正となっていることから、着花、着果も順調
    • 果実の肥大も良好で、ヘタのきれいに仕上がっている

      [画像をクリックで拡大]

      奈良県(夏秋なす)
      奈良県(夏秋なす)
      奈良県(夏秋なす)
      奈良県(夏秋なす)

      第1回目(調査日:5月20日)

      調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 当麻
      作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
      生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 早い見込み
      天候状況

      5月の気温は平年より高く、降水量は、中旬が平年より多かったものの、上下旬は平年より少なかった。

      日照は、下旬が平年より少なくなった。

      生育状況

      気温が高かったため、平年より3日程度生育が早い。

      病害虫発生状況

      特に無し。

      今後の生育・出荷の見込み

      一番花が開花していることから、6月1週目から順次出荷開始となり、7~8月に出荷のピークとなる予定。

      写真の補足説明

      《1~4枚目》

      • 圃場生育状況
      • 一番花が開花しているとともに、実の肥大も進んでいる
      • 草姿よく、実の照りも良好

        [画像をクリックで拡大]

        奈良県(夏秋なす)
        奈良県(夏秋なす)
        奈良県(夏秋なす)
        奈良県(夏秋なす)

        ページの先頭へ