長野県(夏秋レタス)

生産ステージ

播種期 2月中旬〜7月中旬

定植期 3月下旬〜8月上旬

収穫期 5月中旬〜10月中旬

出荷最盛期 6月下旬〜10月上旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第3回目(調査日:7月31日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 南佐久
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 不良
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] やや遅い
天候状況

7月は、月を通して曇雨天が続き、寡日照で気温も低めに推移した。

梅雨明けは、前年より8日遅く、平年より11日遅い8月1日となった。

生育状況

7月上旬までは順調に生育したものの、中旬以降は、連日の曇雨天による低温(特に朝晩の冷え込み)、過湿及び寡日照により作柄が不安定となり、徐々に出荷量が減少した。

生育日数は45日前後と平年並みだが、低温、過湿及び寡日照により、肥料切れを起こした圃場が散見される。

病害虫発生状況

虫害は殆ど無いが、低温、寡日照及び過湿により、べと病、斑点細菌病、軟腐病等の発生が増えた。

このため、適正防除を徹底している。

また、肥料切れによる下葉の枯れも散見される。

規格・品質

南佐久地区の7月上旬の出荷量は、緊急需給調整の発動もあったために前年比84%、その後、作柄が不安定になったために中旬は同88%、下旬は同90%と伸び悩んでいる。

2L比率は、上旬が25%、中旬が12%、下旬が3%と、作柄が不安定になった影響で小玉傾向となった。

選別の徹底を励行したことで、出荷品質の維持は徹底されている。

今後の生育・出荷の見込み

梅雨明けにより、病害や生育停滞等、不安定な作柄は徐々に解消されるが、しばらくの間は出荷量が伸び悩む見込み。

全国的にレタスが品薄となっていることから、少しでも多くの高品質な長野県産レタスをお届けできるよう、産地一丸となって頑張ってまいりたい。

写真の補足説明

《1枚目》

  • 野辺山の圃場
  • 品種はファンファーレ
  • 生育日数は45日
  • 低温、過湿及び寡日照により肥料切れ気味

《2枚目》

  • 川上の圃場
  • 曇雨天が続いていたが、生育状況は他の圃場より順調

《3、4枚目》

  • 川上及び南牧の圃場
  • べと病、軟腐病等が散見されるため、適正防除を励行している

    [画像をクリックで拡大]

    長野県(夏秋レタス)
    長野県(夏秋レタス)
    長野県(夏秋レタス)
    長野県(夏秋レタス)

    第2回目(調査日:7月3日)

    調査時点の生育ステージ 出荷期 調査産地 南佐久
    作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み~やや不良
    生育進度[平年比] やや遅い 出荷進度[平年比] 平年並み
    天候状況

    6月上旬の気温は前年を2.6℃上回り、気温は前年より41.5mm少なく、干ばつ気味であった。

    中下旬は、一転して曇雨天日が続き、低日照となった。

    生育状況

    上旬は、干ばつと朝晩の冷え込みで緩慢な生育であったが、中旬の降雨により肥料の吸い上げが加速し、生育は一気に進んだ。

    下旬以降は、低温と曇雨天の影響により、再び生育は緩慢になった。

    収穫までの生育速度は、中旬収穫ものは定植から48日程度であったが、下旬以降は同50~52日となっている。

    病害虫発生状況

    虫害は殆ど無いが、病気は、下旬が低温多湿条件となったことから、べと病、斑点細菌病当が散見される。

    また、上旬の干ばつ環境から、チップバーンも僅かながら散見される。

    規格・品質

    出荷実績は、6月上旬が前年比98%、中旬が同136%と前年を上回った。

    中旬に出荷量が大幅に増加したことによる市場価格低落を受け、県単事業の需給調整を発動実施した結果、下旬は同100%となった。

    規格及び品質は、6月中旬に33%程度だった2L比率は、月末で27~28%となった。

    取り遅れが解消されたことで大玉傾向が解消され、中心等級主体の玉流れとなった。

    今後の生育・出荷の見込み

    低温、曇雨天の影響で、7月上旬から中旬までは緩慢な出荷となるが、中下旬からは出荷最盛期に入るため、再び出荷量は増加する見込み。

    安定したサラダ需要を期待したい。

    写真の補足説明

    《1枚目》

    • 川上村居倉の圃場
    • 定植後48~50日経過で、外葉もしっかりしており、病害虫もなく生育は順調
    • 品種はファンファーレ

    《2、3枚目》

    • 川上村樋沢の圃場
    • 外葉もしっかりしており、肉厚で巻も良く、生育は順調
    • 品種はエスコート

    《4~6枚目》

    • 川上村及び南牧村の圃場
    • 定植後50~52日経過で、外葉もしっかりしており、病害虫もなく生育は順調
    • 品種はエスコート、ツインデル、ファンファーレ

     

      [画像をクリックで拡大]

      長野県(夏秋レタス)
      長野県(夏秋レタス)
      長野県(夏秋レタス)
      長野県(夏秋レタス)
      長野県(夏秋レタス)
      長野県(夏秋レタス)

      第1回目(調査日:6月5日)

      調査時点の生育ステージ 出荷開始期 調査産地 南佐久
      作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
      生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] やや早い
      天候状況

      暖冬により、気温は、3月まで平年を上回ったものの、4月に入ると平年を1.8℃下回り、5月に入ってからは天候に恵まれ、平年を1.4℃上回った。

      降水量は、天候に恵まれたため、平年を26.5mm下回った。

      生育状況

      暖冬で降雪が少なかったため、圃場準備が平年より早く、播種及び定植作業も平年よりやや早く行われたもの、4月の低温により、生育が鈍くなったため、ほぼ平年並みの生育進度となった。

      外葉もかなり充実している。

      病害虫発生状況

      特に問題無し。

      規格・品質

      5月下旬までの出荷数量は、累計で7.3万ケース(前年比121%)。前年産の生育進度が著しく遅かったことから、前年を大幅に上回ったものであり、平年並みの出荷数量である。

      規格は、2L:32%、L67%と、平年どおりの玉流れであり、品質は良好。

      今後の生育・出荷の見込み

      今後も天候が良ければ生育は順調に進むことはもちろん、玉肥大も進み、2L比率の増加が見込まれる。

      県内の各産地でも生育が順調に進んでいることで、6月中下旬に向けて県内全産地が出揃う見込み。

      写真の補足説明

      《1、2枚目》

      • 川上村の圃場
      • 生育は順調で、病害虫の発生も無い
      • 品種はスターレイ及びパスポート

      《3、4枚目》

      • 南牧村の圃場
      • 生育は順調で、病害虫の発生も無い
      • 品種はエスコート及びパスポート

      《5~7枚目》

      • 川上村の圃場
      • 生育は順調で、病害虫の発生も無い
      • 品種はウィザード、スターレイ、エスコート及びツインデル

        [画像をクリックで拡大]

        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)
        長野県(夏秋レタス)

        ページの先頭へ