沖縄県(にがうり)

生産ステージ

播種期 5月上旬〜6月中旬

定植期 5月中旬〜7月中旬

収穫期 7月中旬〜10月下旬

出荷最盛期 8月上旬〜9月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               

第3回目(調査日:7月31日) New

調査時点の生育ステージ

収穫期

調査産地 南城市
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

周期的に降水量が多くなるものの、快晴日が多く、天候に恵まれている。

生育状況

平年並みの生育速度となっている。

収穫期に入ると圃場内の肥料分が少なくなってくるので、追肥として液肥を週1回施用している。

病害虫発生状況

6月の長雨の影響で活着が良くなかったために根本が弱く、周期的な雨により、うどんこ病が発生している。

このため、適正防除に努めている。

規格・品質

7月24日に出荷を開始し、出荷量は、240坪当たりで日量40kgとなっている。

規格及び品質は、品質は良いものの、高温により曲がりが出やすい。

今後の生育・出荷の見込み

樹勢を損なわないため、交配は2日おきに行っている。

9月以降の出荷は1日おきになる見込み。

写真の補足説明

《1枚目》

  • 出荷規格に達したもの
  • 長さは約30cm、等級はM

《2枚目》

  • うどんこ病に罹病した葉

《3枚目》

  • 採光及び通風の確保のため、子づる及び孫づるを摘除する

《4枚目》

  • ハウス内が高温となるため、ビニールを取り外して、雨、日よけネットに張り替えて通気性を確保している

[画像をクリックで拡大]

沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)

第2回目(調査日:7月10日)

調査時点の生育ステージ

生育期

調査産地 南城市
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

6月12日に梅雨明けとなったが、6月上旬及び梅雨明け後の下旬に長雨となった。

7月3日以降、晴天が続いている。

生育状況

6月の長雨の影響で活着が良くなかったために株元が若干細いものの、生育は良好。

病害虫発生状況

特になし。

今後の生育・出荷の見込み

7月20日以降の出荷開始を見込む。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • 交配日は7月8日

《3、4枚目》

  • ハウス内の気温は40℃近くに上がるため、換気及び湿度対策には特に気を付け、10月末までの長期どりを目指している

[画像をクリックで拡大]

沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)

第1回目(調査日:5月14日)

調査時点の生育ステージ

播種期

定植期

調査産地 南城市
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

晴天が続いている。

生育状況

良好な生育。

病害虫発生状況

特になし。

今後の生育・出荷の見込み

定植後55~60日程度で出荷開始を見込む。

写真の補足説明

《1枚目》

  • 品種は耐暑性があり生育がよい、夏の訪れを使用。
  • 作付は、5月定植で10月頃までの収穫と、11月定植で翌4月までの収穫の2作型。

《2枚目》

  • 5月11日定植のもの。
  • 定植後1週間程度で活着。

《3枚目》

  • 株間は3cm。

《4枚目》

  • かん水は、2日おきに散水機を用いて実施。

[画像をクリックで拡大]

沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)
沖縄県(にがうり)

ページの先頭へ