北海道(夏秋キャベツ)

生産ステージ

定植期 4月中旬〜7月下旬

収穫期 7月中旬〜11月中旬

出荷最盛期 7月中旬〜10月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:7月21日) New

調査時点の生育ステージ

定植期

生育期

収穫期

調査産地 南幌町
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや不良
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 遅い
天候状況

6月は、上下旬に大雨の日があったものの、天候に恵まれた日が多かったことから降水量は平年を下回り、日照時間は平年を大幅に上回った。気温は、最高気温が24℃前後で降雨日は20℃を下回る日もあれば、下旬の晴天日は29℃になるなど、気温の変化が大きかった。最低気温は13℃前後で推移した。

7月は、上旬に降雨日があったものの、天候に恵まれた日が続いている。気温は、最高気温が上旬は22℃前後、中旬以降は28℃前後で34℃の猛暑日もあり、最低気温が中旬までは16℃前後、下旬は20℃前後で推移している。

生育状況

定植当初は、低温及び日照不足で初期生育が遅れたものの、6月中旬以降は天候に恵まれて気温が上昇したことで、生育進度が回復してきた。

しかし、晴天日が続いていることで乾燥状態となっており、結球及び肥大が緩慢になっていることに加え、一部圃場では高温障害(葉焼け)が散見される。

病害虫発生状況

特に無し。

高温乾燥によりアザミウマの発生が懸念されることから、予防的防除を実施している。

規格・品質

結球及び肥大が緩慢なため、出荷進度は1週間程度遅れている。

品質良く、7、8玉サイズ中心(在圃は8,9玉中心の肥大状況なので、この規格まで肥大させる必要があるために出荷が遅れる)。

今後の生育・出荷の見込み

高温乾燥で結球及び肥大の遅れは、今後も続く見込み。

写真の補足説明

《1~8枚目》

  • 圃場の様子
  • 1、2枚目:4作型の区画
  • 品種はSK545
  • 収穫予定は7月22日
  • 結球及び肥大は良好
  • 3~6枚目:6作型の区画
  • 品種はSK545
  • 圃場が乾燥しているためにチューブかん水を実施
  • 高温乾燥のため、高温障害(葉焼け)がみられる
  • 7、8枚目:7作型の区画
  • 品種はSK545
  • 土壌が乾燥しているために根の肥料分吸収が緩慢になっているため、生育は遅れている。

    [画像をクリックで拡大]

    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)
    北海道(夏秋キャベツ)

    ページの先頭へ