和歌山県(冬キャベツ)

生産ステージ

播種期 8月上旬〜9月下旬

定植期 9月上旬〜10月下旬

収穫期 11月上旬〜翌3月下旬

出荷最盛期 2月上旬〜3月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第2回目(調査日:11月2日) New

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 和歌山・那賀
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並みの見込み
天候状況

10月は、天候に恵まれた日が続いた中、下旬に大雨の日があったものの、降水量は平年の約3割と大幅に下回り、日照時間は平年を大幅に上回った。気温は、最高気温が16日までは28℃前後、17日以降は20℃前後で推移し、最低気温が16日までは19℃前後、17日以降は12℃前後で推移した。

11月は、天候に恵まれた日が続いた中、9日は関連前線の影響で大雨となった。気温は、最高気温が7日までは20℃前後、8日以降は17℃前後で推移し、最低気温が12℃前後で推移している。

生育状況

干ばつ傾向になっているため、定植が9月下旬までの中早生種及び中生種は、根の肥料吸収が緩慢になったことで生育が停滞したが、10月上旬以降の定植分は干ばつ傾向の影響もなく順調に生育。

なお、9月中、下旬定植分については、降雨により生育進度は平年並みに回復。

病害虫発生状況

気温高で干ばつ傾向となっていたことから、予察等に基づく効率的な防除を実施してきたことにより、病害虫の発生は無い。

今後の生育・出荷の見込み

出荷最盛期は、星岬SPが11月下旬、次いで恋岬SPが12月下旬、春のかほりSPは翌2月中旬からの見込み。

写真の補足説明

《1~4枚目》

  • 9月28日定植の圃場の様子
  • 品種は春のかほりSP
  • 病害虫の発生も無く、順調に生育
  • 1月上旬から出荷開始、2月中旬に出荷最盛期で、3月末まで出荷予定

    [画像をクリックで拡大]

    和歌山県(冬キャベツ)
    和歌山県(冬キャベツ)
    和歌山県(冬キャベツ)
    和歌山県(冬キャベツ)

    第1回目(調査日:9月28日)

    調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 和歌山・那賀
    作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
    生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
    天候状況

    8月は、上中旬に大雨やまとまった降雨の日があり、特に12、20日は秋雨前線の影響で連続した大雨となったことから、降水量は平年の4.7倍と大幅に上回り、日照時間は平年を大幅に下回った。気温は、上下旬が34℃前後で中旬は秋雨前線の影響から28℃前後に落ち着いた。最低気温は上下旬が25℃前後、中旬が23℃前後で推移した。

    9月も、上中旬に大雨やまとまった降雨の日があり、特に17、18日は台風14号の影響で大雨となったことから降水量は平年を上回り、日照時間は平年を大幅に下回った。気温は、最高気温が29℃前後、最低気温が22℃前後で推移した。

    生育状況

    定植前の降雨で土壌水分が十分確保されたことから、活着及び初期生育は順調。

    病害虫発生状況

    特に無し。

    今後の生育・出荷の見込み

    天候次第だが、早い圃場では11月上旬から収穫を見込む。

    写真の補足説明

    《1枚目》

    • 定植苗は揃い良く、健苗に仕上がっている。
    • 品種は春のかほりSP

    《2~4枚目》

    • 9月28日定植の圃場
    • 品種は春のかほりSP
    • 定植後(3~4日)に初期生育を促すために追肥を行っている
    • 活着は良好
    • 活着後は速やかに中耕を行っている
    • 出荷開始は年明けを見込んでおり、出荷期間は3月末まで。

      [画像をクリックで拡大]

      和歌山県(冬キャベツ)
      和歌山県(冬キャベツ)
      和歌山県(冬キャベツ)
      和歌山県(冬キャベツ)

      ページの先頭へ