福井県(秋冬さといも)

生産ステージ

定植期 4月下旬〜5月上旬

収穫期 10月中旬〜翌1月中旬

出荷最盛期 11月中旬〜12月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               

第2回目(調査日:7月17日) New

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 大野市上庄地区
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
天候状況

6月は、上中下旬にまとまった降雨があり、特に中旬の19日は大雨となったことから降水量は平年を上回り、天候に恵まれた日が多かったことから日照時間も平年を上回った。気温は、最高気温が28℃前後、最低気温が18℃前後で推移した。

なお、18日の降雨で当県内は平年より7日遅い入梅となった。

7月は、上旬に大雨の日が多く、7日には累計で月の降水量を超えるなど18日現在で月の2倍弱の降水量となったが、中旬以降は天候に恵まれた日が多くなっている。気温は、最高気温が上旬は28℃前後、中旬は30℃前後で推移し、33℃を超える日もある。最低気温は21℃前後で推移している。

なお、当県内は平年より9日早い14日に梅雨明けとなった。

生育状況

これまでの天候により、圃場によって生育速度に差が生じているものの、概ね平年並みの生育となっている。

病害虫発生状況

特になし。

今後の生育・出荷の見込み

芋茎の高さは、圃場によって平均より20cm程度の高低差があるものの、生育が順調なことから平年並みの収量を見込んでいる。。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • 畝間かん水を行っている
  • 余分な芋茎は、地下の芋の肥大を促進させるために摘除している

《3、4枚目》

  • 芋茎の高さは60~70cm程度で、平年より10cm程度低い

《5、6枚目》

  • カルチによる土寄せ作業
  • 芋の肥大促進とともに、畝間かん水をしやすくしている

《7、8枚目》

  • 種芋消毒を励行したことで、本年産では疫病の発生圃場は無い

[画像をクリックで拡大]

福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)

第1回目(調査日:4月25日)

調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 大野市上庄地区
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
生育進度[平年比] 出荷進度[平年比]
天候状況

定植期の4月中旬以降は、17日にまとまった降雨があったものの、19日からは日照に恵まれた日が続いている。気温は、最高気温が20℃前後、最低気温が8℃前後と温暖な日が続いている。

生育状況

晴天日が続いたため、定植時期が若干早まった。

病害虫発生状況

特になし。

今後の生育・出荷の見込み

天候に恵まれており、定植作業は平年より早めで順調となっており、活着、初期生育も期待できる。

写真の補足説明

《1枚目》

  • 定植直後の圃場

《2枚目》

  • まだ植穴を土壌被覆していない

《3~6枚目》

  • マルチに植穴を作り、植穴に種いもを定植
  • マルチが風でめくれないように、カルチで土寄せをして固定

[画像をクリックで拡大]

福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)
福井県(秋冬さといも)

ページの先頭へ