愛媛県(秋冬さといも)

生産ステージ

定植期 3月上旬〜4月下旬

収穫期 9月中旬〜翌5月中旬

出荷最盛期 10月上旬〜12月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               
                                                                                               

第1回目(調査日:7月15日) New

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 宇摩
作付面積[前年比] 減少 作況[平年比]
生育進度[平年比] 遅い 出荷進度[平年比]
天候状況

6月は、上中旬にまとまった降雨の日があり、特に4日は大雨となったものの、梅雨にしては天候に恵まれた日が多かったことから、降水量は平年の約半分と大幅に下回り、日照時間も平年を下回った。気温は、最高気温が28℃前後、最低気温が上旬は16℃前後、中旬以降は19℃前後で推移した。

7月は、周期的に大雨の日があるものの、中旬以降は晴天日も増えてきている。気温は、最高気温が30℃前後で33℃まで上がる日もあり、最低気温が22℃前後で推移している。

なお、当県内は19日に平年より2日遅い梅雨明けとなった。

生育状況

2月の植付時に、低温で芽出しの悪い圃場があるとともに、日照不足で徒長気味となっていることから、生育は平年より7日程度遅れている。

病害虫発生状況

気温高によりハダニの発生がみられたものの、早期防除を徹底したことで害虫密度を抑制している。

今後の生育・出荷の見込み

水不足もなく、遅れている生育も今後の天候で挽回できることから、8月31日に試し掘りを行い、出荷開始は平年並みの9月10日頃を見込んでいる。

写真の補足説明

《1~4枚目》

  • 4月1日植付の圃場の様子。
  • 品種は愛媛農試V2号(伊予美人)
  • 高畝の全面マルチ栽培
  • 本圃は水田輪作圃場で、水稲2年、さといも1年で回している
  • 地上部の草丈は100cm程度で、生育は順調
  • ハダニの発生跡がみられるものの、初期防除により被害は無し

[画像をクリックで拡大]

愛媛県(秋冬さといも)
愛媛県(秋冬さといも)
愛媛県(秋冬さといも)
愛媛県(秋冬さといも)

ページの先頭へ