北海道(たまねぎ)

生産ステージ

定植期 4月中旬〜5月中旬

収穫期 8月上旬〜10月中旬

出荷最盛期 9月上旬〜翌4月上旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:7月21日) New

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 岩見沢市
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや不良
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比]
天候状況

6月は、上下旬にまとまった降雨があったものの、天候に恵まれた日が多かったことから降水量は平年を大幅に下回り、日照時間は平年を大幅に上回った。気温は、最高気温が25℃前後だったが、降雨日は20℃を下回る日もあれば、下旬の晴天日は30℃を上回るなど、気温の変化が大きかった。最低気温は12℃前後で推移した。

7月は、上旬に連続した降雨日があったものの、中旬以降、天候に恵まれた日が続いている。気温は、最高気温が上旬は24℃前後、中旬以降は28℃前後で35℃の酷暑日もあり、最低気温が中旬までは18℃前後、下旬は20℃前後で推移している。

生育状況

6月上旬までは生育遅れがみられたものの、その後は天候が回復し、気温も確保されたことから順調な生育となってきた。

しかし、6月以降は平年を大幅に下回る降水量にとどまっていることから乾燥状態となっており、加えて酷暑日があるなど高温状態になっていることから、茎葉部の倒伏と玉肥大不足が顕著にみられる。

病害虫発生状況

特に無し。

しかし、今後も高温乾燥が続くと、アザミウマの発生が懸念される。

今後の生育・出荷の見込み

7月26日から極早生品種の収穫開始を予定。

現在、高温乾燥となっていることから玉肥大が懸念される。

写真の補足説明

《1~8枚目》

  • 圃場の様子
  • 1、2枚目:極早生品種の北はやて
  • 7月14日に根切り、7月下旬に収穫予定
  • 在圃品質は良好で、玉はL級
  • 3~6枚目:早生品種のオホーツク222
  • 現在は倒伏済み
  • 在圃品質は良好で、玉はM級
  • 7、8枚目:中生品種の北もみじ2000
  • 倒伏は少ないものの、地上部の枯れがみられる
  • 晴天続きによる土壌乾燥で、圃場は地割れがみられる

      [画像をクリックで拡大]

      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)
      北海道(たまねぎ)

      ページの先頭へ