佐賀県(たまねぎ)

生産ステージ

播種期 9月中旬〜9月下旬

定植期 11月上旬〜12月下旬

収穫期 4月中旬〜6月中旬

出荷最盛期 4月中旬〜8月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:5月18日) New

調査時点の生育ステージ

生育期

収穫期

調査産地 白石
作付面積[前年比] 増加 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

4月は、天候に恵まれたことで日照時間は平年を上回り、降雨日が少なかった中、下旬の29日は大雨となったものの降水量は平年を大幅に下回って乾燥傾向となった。気温は、最高気温が22℃前後で推移したが、25℃を超える日もあり、下旬には29℃まで上昇する日もあった。最低気温は10℃前後で推移し、温暖であった。

5月は、観測史上2番目の速さで中旬の15日に入梅した。入梅以降は曇雨天が続き、15及び20日は大雨となった。中でも20日は、103.5mmと5月の平均降水量の7割近くの大雨となったことで、同日時点の累計降水量は5月の平均降水量を大幅に上回っている。気温は、最高気温が23℃前後、最低気温は上旬が12℃前後で6℃台まで低下する日があり、中旬以降は20℃前後で推移している。

生育状況

5月上旬まで天候に恵まれたことで順調な生育となっており、生育進度は平年よりも進んでいる。

病害虫発生状況

害虫は、気温高によりアザミウマの発生が目立つ。

病害は、多湿傾向によるべと病の散見があるものの、収量及び品質への影響は軽微な状況。

このため、防除暦に則った適正防除を実施し、病害虫密度を抑制したところ。

規格・品質

在圃品質は良好だが、雨により収穫作業が停滞しているため、出荷が遅れている。

品質は良好で、規格は2L:20%、L:50%、20%。

今後の生育・出荷の見込み

しばらくは天候に左右されながらの収穫作業となるため、出荷量は不安定となる見込み。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • 圃場の様子
  • 品種は中晩生種のターザン
  • 在圃品質は良好で、既に倒伏している
  • 規格はL中心
  • 天候の良い日を狙って収穫作業を行っているが、入梅以降、降雨日が多くなっている

    [画像をクリックで拡大]

    佐賀県(たまねぎ)
    佐賀県(たまねぎ)

    ページの先頭へ