愛知県(冬春なす)

生産ステージ

定植期 8月中旬〜9月下旬

収穫期 9月下旬〜翌7月上旬

出荷最盛期 4月中旬〜6月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:9月16日) New

調査時点の生育ステージ 定植期 調査産地 西三河
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並みを見込む
生育進度[平年比] やや遅い 出荷進度[平年比]
天候状況

8月は、上中旬にまとまった降雨の日があり、特に9日は台風9号、12-20日は秋雨前線の影響で連続した大雨となったことから、降水量は平年の3倍弱と大幅に上回り、日照時間は平年を下回った。気温は、最高気温が上下旬は33℃前後で38℃を超える酷暑日があったものの、中旬は秋雨前線の影響で27℃前後に落ち着いた。最低気温は、上旬が24℃前後、中下旬が23℃前後で推移した。

9月は、秋雨前線や台風14号の影響で大雨やまとまった降雨の日が多くなっており、気温は、最高気温が28℃前後、最低気温が21℃前後で推移している。

生育状況

8月中旬、9月上旬の秋雨前線の影響で、日照がやや弱く、積算気温が100℃程低いことから、生育が3日程度遅れいている。

病害虫発生状況

8月下旬に、天候が回復して気温が高くなったことからハウス内温度が上がったことで、ハダニ、コナジラミが一部で散見されたが、早期防除を徹底したことで害虫密度を抑制している。

今後の生育・出荷の見込み

本年産は、9月19日から出荷の予定で、生育同様3日程度遅くなっている。

品種構成は、とげなし美茄子が8割、千両が2割。

写真の補足説明

《1~4枚目》

  • 8月27日定植のハウス内の様子
  • 品種はとげなし美茄子
  • 1段目の収穫は9月末を予定
  • 生育及び着果促進のため、光合成促進機をハウス1棟に1台設置

    [画像をクリックで拡大]

    愛知県(冬春なす)
    愛知県(冬春なす)
    愛知県(冬春なす)
    愛知県(冬春なす)

    ページの先頭へ