高知県(冬春なす)

生産ステージ

播種期 6月中旬〜7月中旬

定植期 8月中旬〜9月上旬

収穫期 9月中旬〜翌6月下旬

出荷最盛期 3月上旬〜5月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:10月12日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 安芸地区
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] 平年並み
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

8月は、中旬を中心に秋雨前線等の影響で降水量が平年の約3倍と大幅に上回ったが、9月は、上中旬に台風等の影響で大雨の日があり、特に8日は152mmの豪雨となったものの、曇天日や晴れ間が多かったことから降水量は平年を下回り、日照時間は平年を大幅に下回った。気温は、最高気温が29℃前後で24℃までしか上がらない日があり、最低気温が22℃前後で25℃までしか下がらない日もあった。

10月は、下旬に大雨の日があったものの、天候に恵まれた日が多くなっており、気温は、最高気温が17日までは28℃前後、18日以降は20℃前後で推移している。最低気温は、16日までは20℃前後、17日以降は12℃前後で推移している。

生育状況

定植時期は、大雨の日があるなど天候不順や急激な高温となったことで生育不良となったものの、天候の回復とともに生育も回復してきた。

病害虫発生状況

急激な高温により青枯病やコナジラミの発生が見られたことから、罹病株はハウス外に搬出して蔓延を防止したとともに、コナジラミについては発生初期の防除を徹底したことで害虫密度を抑制している。

規格・品質

生育不良により初期の出荷は伸び悩んだが、天候の回復により10月中旬は急増、現在はやや落ち着いている。

品質良く、規格は中心規格。

今後の生育・出荷の見込み

花芽の減少や樹勢低下といった生育不良は回復基調に入ったが、11月以降は本格的に回復する見込み。

10月下旬から11月上旬より、収量増加のために炭酸ガスの施用を開始する。

写真の補足説明

《1、2枚目》

  • ハウス内の様子
  • 10月末に主枝の摘心を予定
  • 樹勢良く、病害虫の発生も無い
  • 実は、果形、艶ともに良好

    [画像をクリックで拡大]

    高知県(冬春なす)
    高知県(冬春なす)

    ページの先頭へ