福岡県(冬春なす)

生産ステージ

播種期 6月下旬〜7月下旬

定植期 8月上旬〜9月下旬

収穫期 11月上旬〜6月下旬

出荷最盛期 4月上旬〜6月下旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第1回目(調査日:10月19日) New

調査時点の生育ステージ 生育期 調査産地 JAみなみ筑後
作付面積[前年比] 前年並み 作況[平年比] やや良
生育進度[平年比] 早い 出荷進度[平年比] 早い
天候状況

8月は、秋雨前線や台風の影響で降水量が平年の約6倍と大幅に上回り、日照時間が平年を大幅に下回ったが、9月は秋雨前線や台風の影響で周期的に降雨の日があったが、降水量は平年の約半分と大幅に下回り、日照時間は平年を下回った。気温は、最高気温が30℃前後で32℃を超える日もあり、最低気温が22℃前後で15℃まで低下する日もあった。

10月は、天候に恵まれた日が続き、気温は、最高気温が上旬は30℃前後、中旬は16日までは28℃前後で推移したが、17日以降は20℃前後と落ち着いている。最低気温は、16日までは17℃前後、17日以降は10℃前後で推移している。

生育状況

定植期の8月中旬が、秋雨前線の影響で大雨続いたために定植作業が7~10日程遅れたが、その後は天候が回復し、比較的天候に恵まれて気温高で推移したことから生育は加速して平年より7日程早くなっている。

冬春なすの出荷は、平年通りの10月17日。

病害虫発生状況

気温高で推移したことから、コナジラミ及びアザミウマが散見されたことから、生物農薬であるスワルスキーカブリダニや新たな生物農薬であるタバコカスミカメに捕食させていることで、害虫密度を抑制している。

なお、タバコカスミカメは、部会員の約8割が導入しており、今後の気温低下に伴う密閉期間の増加により、その効果が期待できる。

大雨によるハウス内への浸水と、その後の急激な天候回復による気温高により、一部では青枯病の発生が見られたが、早期に罹病株を抜き取ったことから、出荷への影響は無し。

規格・品質

共選出荷は10月17日集荷分から開始。

品質良く、果形は良好。

今後の生育・出荷の見込み

11月は天候にもよるが順調に増加する見込み。

写真の補足説明

《1~5枚目》

  • 8月15日定植のハウス
  • 生育良く、樹勢は良好
  • 1番果は10月上旬から収穫開始
  • 果形、色、照りともに良好
  • タバコカスミカメをネットに入れてハウス内に設置
  • タバコカスミカメがコナジラミ、アザミウマを捕食することで化学農薬使用回数の削減を目指す
  • タバコカスミカメが好むクレオメ(セイヨウフウチョウソウ)を温存植物としてハウス内に植栽することで、タバコカスミカメの定着と増殖を図る(夏はゴマを温存植物として利用)

《6~10枚目》

    • 9月25日定植のハウス
    • 活着、生育とも順調
    • 本ハウスでは、タバコカスミカメのほか、スワルスキーカブリダニも活用

    [画像をクリックで拡大]

    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)
    福岡県(冬春なす)

    ページの先頭へ