大分県(夏秋ピーマン)

生産ステージ

播種期 3月上旬〜3月下旬

定植期 4月上旬〜5月下旬

収穫期 5月下旬〜10月下旬

出荷最盛期 7月下旬〜9月中旬

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

第2回目(調査日:7月26日) New

調査時点の生育ステージ 収穫期 調査産地 竹田市
作付面積[前年比] 増加 作況[平年比] やや良
生育進度[平年比] 平年並み 出荷進度[平年比] 平年並み
天候状況

7月は、上中旬を中心に大雨やまとまった降雨の日があったものの、曇天日も多かったことから降水量は平年の約半分と大幅に下回り、日照時間も平年を大幅に下回った。気温は、最高気温が31℃前後、最低気温が22℃前後で推移した。

8月は、天候に恵まれた日が多い。気温は、最高気温が34℃前後と高く、最低気温が24℃前後で推移している。

生育状況

樹の生育は良好だが、7月の連続着果で樹勢が低下してきたために花数が少なく、着果後の玉肥大が弱い。

7月まで高日照でハウス内温度が高温になったことから、換気を徹底してきたもののハウス内温度を落ち着かせることができず、尻腐れ果やひび割れ果などの生理障害果が散見された。

病害虫発生状況

気温高によりアザミウマが発生し、黄化えそ病が散見されたとともに、うどんこ病も散見されたことから、発生初期段階で異なる薬剤ローテーションによる効率的防除により、病害虫密度を抑制した。

規格・品質

現在の出荷量は順調。

品質良く、規格は2L、L中心。

今後の生育・出荷の見込み

樹勢低下による着花数減少により、8月の出荷量は微減となる見込み。

写真の補足説明

《1~3枚目》

  • ハウス内の様子
  • 品種はさらら
  • 7月が連続着果となったものの、樹勢は比較的維持されている
  • 現在は着花数が少なくなっており、8月の出荷量は微減見込み

    [画像をクリックで拡大]

    大分県(夏秋ピーマン)
    大分県(夏秋ピーマン)
    大分県(夏秋ピーマン)

    第1回目(調査日:5月31日)

    調査時点の生育ステージ

    定植期

    生育期

    調査産地 竹田市
    作付面積[前年比] 増加 作況[平年比] 平年並み
    生育進度[平年比] やや遅い 出荷進度[平年比] 平年並み
    天候状況

    5月は、上中旬に曇雨天が続いたことで日照時間は平年を大幅に下回り、中下旬にまとまった降雨があったものの降水量も平年を大幅に下回った。気温は、最高気温が23℃前後で31℃を超える真夏日もあり、最低気温が12℃前後で16℃台までしか下がらない日もあるなど、気温の高い日が続いた。

    6月は、上旬が天候に恵まれたものの、中旬に入り、11日に入梅した。気温が、最高気温が26℃前後、最低気温が14℃前後で推移している。

    生育状況

    定植後の活着は順調だが、日中温度と夜温の差が大きいため、生育進度は3日程度遅れている。

    やや遅れているものの、生育、着花ともに良好。

    病害虫発生状況

    気温高により、アザミウマの発生注意報が県内全域に発令されていることから、発生初期防除を徹底し、吸汁害による黄化えそ病の発生を予防している。

    現在の出荷、今後の生育・出荷の見込み

    出荷開始は5月末、出荷進度は3日程度遅いものの順調。

    全体的な品質は良好だが、一部で高温による焼け、尻腐れ、果皮の柔らかいものが散見されているが、これらは選別作業時にはじいている。

    写真の補足説明

    《1~3枚目》

    • ハウス内の様子
    • 品種はさらら
    • ハウス内温度が高温にならないよう、換気を徹底している
    • これまで日照に恵まれたことで、樹勢良く、生育は順調
    • 着果も順調で在圃品質も良好

      [画像をクリックで拡大]

      大分県(夏秋ピーマン)
      大分県(夏秋ピーマン)
      大分県(夏秋ピーマン)

      ページの先頭へ